【上村崇の週刊京都チャンネル】2019/2/27放送分 京都市が、水道料金の支払いでキャッシュレス決済導入?!その中身とは?!玉露の美味しい淹れ方の大会がある?!

【今週の放送内容】
〈ピックアップニュース〉
1、「玉露のうまい淹れ方」は? 全国大会予選会で技競う
https://www.kyoto-np.co.jp/sightseeing/article/20190224000054
「第13回全国玉露のうまい淹(い)れ方コンテスト」の府予選会が、京都府京田辺で開かれ、府内外から集った40人が、玉露の香りや味わいを引き出す力を競った。
2、後継者難が深刻、京都府内企業で休廃業や解散増加
https://www.kyoto-np.co.jp/economy/article/20190226000104
東京商工リサーチ京都支店が実施した調査によると、2018年に京都府内で休業や廃業、解散した企業は前年比15・8%増の740件に上った。廃業や解散で事業をやめてしまうケースが多く、高齢化で事業継続が難しくなっている事業者の状況が浮き彫りに。
3、水道料金の支払い、京都市がキャッシュレス決済導入へ
https://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20190220000170
京都市上下水道局は、キャッシュレス決済サービス「LINE Pay」による上下水道料金の支払いを受け付け。京都市が公共料金の支払いにキャッシュレス決済を導入するのは初めて。
4、コンビニ前になぜ灰皿?「たばこの煙迷惑」の声も 各店対応苦悩
https://www.kyoto-np.co.jp/sightseeing/article/20190220000045
コンビニエンスストア前にある灰皿の周囲でたばこを吸う人が多く、煙で迷惑。オフィス街などのコンビニでは、どこからともなく集まってきた愛煙家が一服する姿がよく見られる。一方、国の受動喫煙対策が進む中、灰皿を撤去すべきとの意見は強まっている。
5、「赤ちゃん先生」ママも自己肯定感 育児中、地域との関わりの場
https://www.kyoto-np.co.jp/education/article/20190224000045
育児中の保護者が0~3歳までの子どもと一緒に学校などを訪れる「赤ちゃん先生」と呼ばれる取り組みが、京都でも始まった。事前研修を受けた母親たちがボランティアではなく仕事として活動し、報酬を受けるのが特徴。

iPhoneやiPadのpodcastアプリに登録すれば、定期的に聞いていただく事が出来ます。ぜひご登録ください。
https://itunes.apple.com/jp/podcast/上村崇の週刊京都チャンネル/id1318720843

番組公式facebookページでは、みなさまのご感想やご質問などを受け付けております。
https://www.facebook.com/kyotochannel

  • 日付 : 2019/02/27
  • 記事 : 【上村崇の週刊京都チャンネル】2019/2/27放送分 京都市が、水道料金の支払いでキャッシュレス決済導入?!その中身とは?!玉露の美味しい淹れ方の大会がある?!

【上村崇の週刊京都チャンネル】2019/2/20放送分 京都から和牛が海外へ!でも、本当にニーズはあるのか?!関東の鉄道会社も、京都へホテル続々のワケ?!

【今週の放送内容】
〈ピックアップニュース〉
1、京都から和牛を海外へ 京都市中央食肉市場が輸出第1号
https://www.asahi.com/articles/ASM2J416PM2JPLZB002.html
昨年4月に稼働した京都市中央食肉市場から海外へ初めて和牛が輸出されることになり、出発式が。第1号として、京都府南丹市の「京都丹波牧場」で育てられた黒毛和牛がタイに向けて出荷。
2、文化財修復、木材足りない! 需給不一致、採算見合わず…
https://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20190218000030
寺社などの文化財修復に使われる木材が入手困難に。京都府や文化庁は材料を確保するための森林を指定する事業を実施しているが、木材を利用する側と生産する側の需給バランスが必ずしも一致しているわけではなく、活用につながっていないケースも。
3、京王?小田急って?「知名度ない」関東の電鉄、京都に続々
https://www.kyoto-np.co.jp/economy/article/20190216000104
関東の鉄道会社が京都市内に宿泊特化型ホテルを続々とオープン。京都で増える訪日客の宿泊需要を背景に、沿線域外での収益拡大とブランド力の向上を模索。四国や九州の鉄道会社の参入も相次ぎ、市内の「お宿バブル」はさらに過熱。
4、京都市バス・地下鉄の乗客数目標、達成9年先送り 運転手不足で
https://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20190216000029
2019年度までに京都市バスと市営地下鉄の1日当たり乗客数を計80万人に増やす目標の達成が困難。市バスの運転手不足で車両数が増やせないためで、19年度は76万7千人にとどまる見通し。
5、市内全小学校に人型ロボット、九九も一緒に 宇治が「配属」
https://www.kyoto-np.co.jp/education/article/20190213000177
京都府の宇治市教育委員会は、2020年度からプログラミング教育が小学校で必修化されるのを前に、市内全22小学校にソフトバンクの人型ロボット「Pepper(ペッパー)」を新年度に導入すると発表。

iPhoneやiPadのpodcastアプリに登録すれば、定期的に聞いていただく事が出来ます。ぜひご登録ください。
https://itunes.apple.com/jp/podcast/上村崇の週刊京都チャンネル/id1318720843

番組公式facebookページでは、みなさまのご感想やご質問などを受け付けております。
https://www.facebook.com/kyotochannel

  • 日付 : 2019/02/20
  • 記事 : 【上村崇の週刊京都チャンネル】2019/2/20放送分 京都から和牛が海外へ!でも、本当にニーズはあるのか?!関東の鉄道会社も、京都へホテル続々のワケ?!

【上村崇の週刊京都チャンネル】2019/2/13放送分 京たけのこが不作?その原因は、昨年のアレ?!「何もない」のが幸せ?と心に響く展望台の場所とは?!

【今週の放送内容】
〈ピックアップニュース〉
1、不登校児育む農家民泊 豊かな自然体験に充実感
https://www.kyoto-np.co.jp/education/article/20190210000150
農家民宿を教育体験や修学旅行として利用するケースが近年増えるなか、不登校の経験などがある子どもをサポートする通信制高校を受け入れる例も。自然豊かな暮らしを生徒が体験すと同時に、地域住民にとっては若い人たちが希望の活力をもたらす可能性も。
2、”新名神効果”で特産イモがピンチ!? 企業用地に農地転用の懸念
https://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20190210000028
京都府城陽市の城陽ジャンクション・インターチェンジ(JCT・IC)北の「新市街地」に進出した企業などが、周辺農地の地権者に土地の賃借や売却を求める動きが。立地区画を囲む外周道路が整備され、道路に面する農地の転用が法的に可能となったため。
3、「何もない」それが幸せ 福知山・観音寺「なげきの展望台」
https://www.yomiuri.co.jp/local/kyoto/news/20190208-OYTNT50000/
アジサイの名所として知られる福知山市の観音寺で、上がった人から「何もない」との声が相次ぎ、「なげきの展望台」と名付けられた一角が、新たな名所として話題に。「何もないことが幸せなこと」と説く住職のメッセージが掲示され、訪れる人の心に響く。
4、京都・保津川下り“延伸”構想 5・5キロ上流に新船着き場
https://www.kyoto-np.co.jp/sightseeing/article/20190209000104
京都府亀岡市で建設中の京都スタジアム(仮称)開業を見据え、保津川下りをJR千代川駅付近まで“延伸”する府の構想に、地元の期待。観光振興や交通網充実に波及効果を望む一方で、運航開始に向けた実現には課題も。
5、京たけのこ不作? シーズン占う早掘り店頭に並ばず、台風影響か
https://www.kyoto-np.co.jp/sightseeing/article/20190208000052
京都府の乙訓地域をはじめ西山一帯が名産地として知られ、シーズン全般の収穫量を占う、手のひら大の小ぶりのタケノコが不作に。昨年9月の台風21号で、産地が被害を受けたことが要因とみられ、例年店頭に並ぶ地元産は姿を見せないまま。

iPhoneやiPadのpodcastアプリに登録すれば、定期的に聞いていただく事が出来ます。ぜひご登録ください。
https://itunes.apple.com/jp/podcast/上村崇の週刊京都チャンネル/id1318720843

番組公式facebookページでは、みなさまのご感想やご質問などを受け付けております。
https://www.facebook.com/kyotochannel

  • 日付 : 2019/02/13
  • 記事 : 【上村崇の週刊京都チャンネル】2019/2/13放送分 京たけのこが不作?その原因は、昨年のアレ?!「何もない」のが幸せ?と心に響く展望台の場所とは?!

【上村崇の週刊京都チャンネル】2019/2/6放送分 修学旅行生の拝観料、無料化へ?!仁和寺のワケとは!雨の日は来館者が減る?府立図書館が調査してみると!

【今週の放送内容】
〈ピックアップニュース〉
1、この宇治茶「プレミアム」 認証制度を導入、マーク付けて販売
https://www.kyoto-np.co.jp/economy/article/20190202000043
京都府と府茶業会議所は、宇治茶の販路を広げるため、「プレミアム宇治茶」認証制度を設定。玉露を対象とした初回の審査では府内の16業者が取り扱う商品44点が合格し、認証マークをつけて販売される。
2、京都に乗り降り自由の屋根なし2階バス 観光地巡る路線で運行へ
https://www.kyoto-np.co.jp/sightseeing/article/20190130000073
京阪バスは、終日自由に乗り降りできる観光用の路線バスを、3月下旬から京都市内で新たに運行。屋根がない2階建てオープンバス「スカイホップバス」を投入し、著名な社寺を中心に市内の人気観光地を巡る。
3、「そうだ京都行こう。」経済効果1億円超 京都・京田辺
https://www.kyoto-np.co.jp/sightseeing/article/20190129000189
酬恩庵一休寺が取り上げられたJR東海による昨秋の京都誘客キャンペーン「そうだ 京都、行こう。」に関して、同市への経済効果が約1億1千万円に上ったと、京都山城地域振興社(お茶の京都DMO)が発表。
4、雨の日は来館者減 府立図書館が天気別で初調査
https://www.asahi.com/articles/ASM234QNVM23PLZB004.html
雨の日の京都府立図書館はすいています。府立図書館が天気別の来館者数を初めてまとめ、これまで窓口対応の職員らの実感としてはあったが、データとして裏付け。図書館運営に意見を述べる有識者らの協議会でも、「雨の日対策の検討を」という声が。
5、大人になっても仁和寺に来て 修学旅行生らの拝観無料化へ、寺宝楽しんで
https://www.sankei.com/region/news/190130/rgn1901300041-n1.html
世界遺産・仁和寺が、高校生以下を対象に拝観料の無料化を目指して段階的に導入進める。京都を訪れる多くの修学旅行生らに寺の文化や歴史に触れてもらうのが目的で、「名前を覚えて、大人になってまた来てもらえれば」と。

iPhoneやiPadのpodcastアプリに登録すれば、定期的に聞いていただく事が出来ます。ぜひご登録ください。
https://itunes.apple.com/jp/podcast/上村崇の週刊京都チャンネル/id1318720843

番組公式facebookページでは、みなさまのご感想やご質問などを受け付けております。
https://www.facebook.com/kyotochannel

  • 日付 : 2019/02/06
  • 記事 : 【上村崇の週刊京都チャンネル】2019/2/6放送分 修学旅行生の拝観料、無料化へ?!仁和寺のワケとは!雨の日は来館者が減る?府立図書館が調査してみると!