【上村崇の週刊京都チャンネル】2018/12/26放送分 年末特集!2018年を振り返る!果たして、大予想は当たったのか?!他、京都ブランドが人材を呼ぶって?!

【今週の放送内容】
〈ピックアップニュース〉
1、運賃先払いで混雑緩和 京都市バス、19年3月から
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO39271770R21C18A2LKA000/
京都市は、市営バスの混雑対策として、車両の前方から乗車し後方から降車する方式を導入する方針。従来と異なり運賃は先払いとすることで、降車する際の停車時間の短縮が見込める。
2、クルーズ船入港、2019年は過去最多の30回に 京都・舞鶴港
https://www.kyoto-np.co.jp/sightseeing/article/20181220000167
京都府舞鶴市は、2019年の舞鶴港へのクルーズ船の入港予定数が30回になると発表。北朝鮮情勢などで減少した今年の23回から回復し、大型船の増加に伴い来訪者数は過去最多の7万5千人を見込む。
3、京都ブランド 人材呼ぶ 府外IT企業の開発拠点続々
https://www.yomiuri.co.jp/local/kyoto/news/20181222-OYTNT50045.html
京都市中心部に、IT関連を中心とした府外企業の開発やデザイン拠点が増加。人手不足が企業の成長の足かせになるとの懸念が高まりつつある中、大学が多く、国内外に知名度も高い京都に拠点を置くことで、優秀な人材確保につなげたいとの狙いが。
〈年末特集〉
2018年を振り返る!2018年最初の放送で、言いたい放題の予想、果たしてどうだったのか?!
戌年の株価は?金利上昇局面から、日本の相場も上がるのでは?は、果たして?!
ビットコインはどうなった。電子マネーとの覇権争い、アリペイやLINEPayに、PayPayが参入で戦国時代に!京都府知事選の結果は?などなど。

iPhoneやiPadのpodcastアプリに登録すれば、定期的に聞いていただく事が出来ます。ぜひご登録ください。
https://itunes.apple.com/jp/podcast/上村崇の週刊京都チャンネル/id1318720843

番組公式facebookページでは、みなさまのご感想やご質問などを受け付けております。
https://www.facebook.com/kyotochannel

  • 日付 : 2018/12/26
  • 記事 : 【上村崇の週刊京都チャンネル】2018/12/26放送分 年末特集!2018年を振り返る!果たして、大予想は当たったのか?!他、京都ブランドが人材を呼ぶって?!

【上村崇の週刊京都チャンネル】2018/12/19放送分 京都の宿泊事情に変化が?!宿泊バブルってなに?!それでも、宿泊施設を誘致方針の京都市!

【今週の放送内容】
〈ピックアップニュース〉
1、京都の簡易宿所、廃業急増 供給過剰で淘汰の波
https://www.kyoto-np.co.jp/sightseeing/article/20181215000049
京都市内でゲストハウスなどの簡易宿所の廃業が急増。本年度は11月までの8カ月だけで97件に達し、前年度の年間件数を3割も上回る。簡易宿所が2797件と過去3年で2倍近くに増えた結果、簡易宿所は供給過剰となり、早くも淘汰の波。
2、災害時の帰宅困難者、どう誘導する? 京都駅周辺で初の実地訓練
https://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20181213000150
地震で帰宅困難となった人を緊急避難広場や一時滞在施設に誘導する訓練が、京都市下京区で初めて行われた。大規模災害が相次ぐなか、万一の時に一時滞在施設となる西本願寺の宿泊施設「聞法会館」での受け入れなどををスムーズに行えるか確認。
3、亀岡市 プラごみゼロ宣言…レジ袋禁止 条例化目指す
https://www.yomiuri.co.jp/local/kyoto/news/20181213-OYTNT50206.html
レジ袋など使い捨てのプラスチックごみをなくそうと、亀岡市と市議会は、「かめおかプラスチックごみゼロ宣言」を発表。市内の小売店で配るレジ袋を2019年度中に有料化し、20年度中には配布自体を禁止する国内初の条例制定を目指すと。
4、公益活動団体を資金面で支援の基金、寄付額4億円に 京都
https://www.kyoto-np.co.jp/sightseeing/article/20181212000153
公益活動を行う団体を資金面で支援する京都地域創造基金に集まった寄付が、総額4億円にこのほど到達。これまでに子育てや環境保全などの幅広い取り組みに助成しており、事務局は「今後も、市民の善意を公的な活動を行う団体のサポートに生かしたい」と。
5、京都市がLINEと協定 観光や防災、教育分野で
https://www.asahi.com/articles/ASLDB3SN1LDBPLZB00C.html
京都市と無料通信アプリ大手のLINEは、市民や観光客への情報発信の強化、プログラミング教育の推進などに向けた包括連携協定を結んだ。災害時の帰宅困難者への対策や、観光客の分散化などに活用すると。

iPhoneやiPadのpodcastアプリに登録すれば、定期的に聞いていただく事が出来ます。ぜひご登録ください。
https://itunes.apple.com/jp/podcast/上村崇の週刊京都チャンネル/id1318720843

番組公式facebookページでは、みなさまのご感想やご質問などを受け付けております。
https://www.facebook.com/kyotochannel

  • 日付 : 2018/12/19
  • 記事 : 【上村崇の週刊京都チャンネル】2018/12/19放送分 京都の宿泊事情に変化が?!宿泊バブルってなに?!それでも、宿泊施設を誘致方針の京都市!

【上村崇の週刊京都チャンネル】2018/12/12放送分 お寺のお賽銭が電子マネーでOK?!そんなお寺が京都にも!高栄養価の野菜が登場?!でどうなるの?!

【今週の放送内容】
〈ピックアップニュース〉
1、民間撤退で赤字100億円超に膨張へ 京都市バス、今後10年で
https://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20181205000033
京阪バスと西日本JRバスが京都市バスの運行受託から撤退・縮小する問題で、来年度から10年間の市バス事業の経常赤字額が計100億円を超える見通しとなった。市交通局による直営路線の拡大や他のバス会社への委託料の増加が響くため。
2、「2022年問題」控え都市農業を振興 京都府が初予算化へ
https://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20181205000068
市街化区域内の生産緑地などで営まれる「都市農業」の振興のため、京都府がアクションプランの策定作業進める。都市住民の農業理解や防災、景観保全など、都市農業が果たす多面的な役割を重視して新たな施策を実施するため。
3、飲食代や拝観料割引「岡崎ループに乗るっ」 バス増客イベント
https://www.kyoto-np.co.jp/sightseeing/article/20181205000105
観光地などを巡る京都市バス「京都岡崎ループ」の増客につなげようと、市は、左京区の岡崎地区の店舗や寺社で飲食代や拝観料割引などのサービスを期間限定で提供するイベント「京都岡崎ループに乗るっ」を展開。
4、さい銭「電子マネーOK」 京都・モバイル時代のお寺模索
https://www.kyoto-np.co.jp/sightseeing/article/20181208000056
さい銭もキャッシュレスの時代に。参拝者が寺院で投じるさい銭に、電子マネーで支払うことができる決済システムを、京都府福知山市寺の海眼寺(かいげんじ)が導入。スマートフォンを使って1円単位で支払うことが可能で、新たな参詣層の獲得を目指す。
5、困った野菜の消費量減少 高栄養価やブランド化に活路
https://www.kyoto-np.co.jp/economy/article/20181210000023
野菜消費量減少が続く中、種苗会社と農家、飲食店が共同で、種を軸にした野菜の高付加価値化に取り組む。タキイ種苗が開発した栄養価を高めた野菜を京丹後市の農家グループが特産化を目指して栽培。京都市内で3店舗を運営する飲食店が期間限定で提供し、魅力をアピール。

iPhoneやiPadのpodcastアプリに登録すれば、定期的に聞いていただく事が出来ます。ぜひご登録ください。
https://itunes.apple.com/jp/podcast/上村崇の週刊京都チャンネル/id1318720843

番組公式facebookページでは、みなさまのご感想やご質問などを受け付けております。
https://www.facebook.com/kyotochannel

  • 日付 : 2018/12/12
  • 記事 : 【上村崇の週刊京都チャンネル】2018/12/12放送分 お寺のお賽銭が電子マネーでOK?!そんなお寺が京都にも!高栄養価の野菜が登場?!でどうなるの?!

【上村崇の週刊京都チャンネル】2018/12/5放送分 任天堂が「ゲーム実況」OKなワケとは?!京都市は、ふるさと納税で新キャラ?!その名も「ことちゃん」!

【今週の放送内容】
〈ピックアップニュース〉
1、辛口「ことちゃん」は京菓子好き ふるさと納税で新キャラ
https://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20181203000026
ふるさと納税による市税の減収に悩む京都市が、寄付集めに本腰。全国から寄付対象となる事業と返礼品のアイデアを募ったほか、市職員がコントを披露したり、4こま漫画を作って会員制交流サイト(SNS)で発信したりと、なりふり構わぬ姿勢でアピール。
2、道の駅にマリオットホテル 20年秋から京都など5府県15カ所
https://www.kyoto-np.co.jp/economy/article/20181128000180
世界ホテル最大手の米マリオット・インターナショナルと積水ハウスは、京都府など5府県の「道の駅」に併設する宿泊特化型ホテルを2020年秋から順次開業すると発表。京都では宮津市、京丹波町、南山城村の3カ所に建設。
3、舞妓文化の中心地・祇園に帝国ホテル進出へ 築80年施設改修
https://www.kyoto-np.co.jp/sightseeing/article/20181128000189
帝国ホテルが、富裕層向けホテルで京都市内へ進出する方針を固めた。東山区・祇園の弥栄会館が有力候補先の一つだが、宿泊施設としての活用には改修が必要。実現すれば国内有数の高級ホテルが京都で新たに誕生することに。
4、任天堂「ゲーム実況」投稿OK 収益化容認、ファン拡大へ
https://www.kyoto-np.co.jp/economy/article/20181129000149
任天堂は、個人が同社の著作物を取り上げた動画や画像をインターネット上に投稿する際のガイドラインを作り、公開。「ゲーム実況」などの動画作品が人気を集める中、著作物利用のルールを整備し、各種サイトを通じて自社のゲーム機やソフトに触れる人口を広げる狙い。
5、京都スタジアム 20年完成に向け順調 府、進捗を公開
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO38373050Q8A131C1LKA000/
京都府は亀岡市のJR亀岡駅北側で建設中の大型球技場「京都スタジアム(仮称)」の工事現場を報道陣に公開。基礎杭工事で環境に優しい工法を採用するなど、観客スタンド1階の基礎部分はほぼ完成。2020年春のオープンに向け、予定通りの進捗。
6、府立図書館と京都市立20館連携 返却はお近くで
https://digital.asahi.com/articles/ASLCZ6D5RLCZPLZB01F.html?rm=261
府立図書館や京都市立の20図書館で借りた本が11月から、府と市のどちらの館の窓口でも返却できるように。昨年11月から試行して1年間で7千冊超分の利用があり、本格導入。本を運ぶ車の府市間の行き来は週1回だったが、週5回に増やして対応。

iPhoneやiPadのpodcastアプリに登録すれば、定期的に聞いていただく事が出来ます。ぜひご登録ください。
https://itunes.apple.com/jp/podcast/上村崇の週刊京都チャンネル/id1318720843

番組公式facebookページでは、みなさまのご感想やご質問などを受け付けております。
https://www.facebook.com/kyotochannel

  • 日付 : 2018/12/05
  • 記事 : 【上村崇の週刊京都チャンネル】2018/12/5放送分 任天堂が「ゲーム実況」OKなワケとは?!京都市は、ふるさと納税で新キャラ?!その名も「ことちゃん」!