【上村崇の週刊京都チャンネル】2018/7/25放送分 京都府のふるさと納税額トップは亀岡市!人気のワケは、返礼品?!京都市の梅小路が新観光エリアに?!

【今週の放送内容】
〈ピックアップニュース〉
1、京都市の小学校英語教育が本格化 全国に先行、教員支援が課題
http://www.kyoto-np.co.jp/education/article/20180723000097
2020年度に実施される新学習指導要領で小学5~6年生の英語が教科化されるのを前に、京都市の小学校で英語教育が本格化。京都市では全国より3年早く08年度から導入。本年度も国の基準を超える授業数を確保。
2、伏見酒造組合と大阪ガス、酒米評価に画像認識技術
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO33224050Q8A720C1LKA000/
伏見酒造組合と大阪ガスは、画像認識技術を用いて酒米を評価する新手法を開発。酒米に水を吸わせる過程で、色が変わったり、膨らんだりといった変化をカメラで認識、吸水度合いを測定。新手法でこれまで職人の勘と経験が頼りだった分野での技術を伝承。
3、小路、京都の新観光エリアに 19年春、JR新駅開業
http://www.kyoto-np.co.jp/economy/article/20180721000057
JR西日本が梅小路公園の北に来春開業させる山陰線の新駅名が、「梅小路京都西」に。現地ではレジャー・観光施設が立地し、ホテル開発や市場再整備といったプロジェクトも。人やモノが行き交う新たな街の形成に向けて期待。
4、京都府ふるさと納税額1位は亀岡市 返礼品の京野菜が人気
http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20180721000042
京都府亀岡市で昨年度に寄せられたふるさと納税の寄付額が3億8160万円(7875件)に上り、府内で金額と件数共にトップだったことが分かった。ネット上で完結する寄付方式や返礼品を充実させたといい、「米や野菜などの亀岡の魅力が全国に浸透」と喜ぶ。
5、大規模災害時、不明者の氏名公表 京都市方針、家族意向踏まえ
http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20180724000018
京都市は、大規模災害時の行方不明者について、捜索活動の迅速化につながると判断した場合に限り、氏名や住所などの情報を公表する方針を明らかに。何をどこまで公表するかは家族などの意向を踏まえ、個別に判断すると。

iPhoneやiPadのpodcastアプリに登録すれば、定期的に聞いていただく事が出来ます。ぜひご登録ください。
https://itunes.apple.com/jp/podcast/上村崇の週刊京都チャンネル/id1318720843

番組公式facebookページでは、みなさまのご感想やご質問などを受け付けております。
https://www.facebook.com/kyotochannel

  • 日付 : 2018/07/25
  • 記事 : 【上村崇の週刊京都チャンネル】2018/7/25放送分 京都府のふるさと納税額トップは亀岡市!人気のワケは、返礼品?!京都市の梅小路が新観光エリアに?!

【上村崇の週刊京都チャンネル】2018/7/18放送分 iPS細胞から血小板製剤を大量に作れるってどう言うこと?!京都の民泊が夜明けを迎えられないワケとは?!

【今週の放送内容】
〈ピックアップニュース〉
1、観光客、4年連続で増加 京都・山城地域、道の駅オープンけん引
http://www.kyoto-np.co.jp/sightseeing/article/20180716000054
2017年の山城地域12市町村の観光入り込み客数が、前年比8・9%増の1270万1151人と、4年連続で伸びたことが分かった。宇治茶の魅力を発信した「お茶の京都博」の各種催しに加え、新たな観光施設のオープンが増加の要因。
2、京大など、iPSで血小板量産 輸血に必要な量確保にメド
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO32944300S8A710C1000000/
京都大学は、iPS細胞から止血作用のある血小板製剤を大量に作る技術にメド。高品質の血小板を5日間の培養で1千億個作ることが可能で、血小板減少症などの難病の治療に必要な量を確保できるという。今後、商業生産を目指して改良を進める。
3、ブロック塀撤去最大15万円助成 京都市が独自制度内容発表
http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20180711000171
京都市は、大阪府北部地震を受けて社会問題化しているブロック塀の安全対策を巡り、撤去費の助成や点検の支援を柱とする独自制度の詳細な内容を発表。民間の介護や障害者施設、保育所などがブロック塀の除去後にフェンスなどを設置する費用の助成制度を新設。4、ウーバーイーツ、関西で本格展開 京都では7月25日から
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO33048650X10C18A7XQH000/
米ウーバーテクノロジーズは、料理配達サービス「ウーバーイーツ」を京都市と神戸市の一部で始めると発表。それぞれ100以上の飲食店のメニューを自宅などに配達。同サービスは日本で2016年から開始しており、関西地方でも本格展開。
5、解禁1カ月 京都市内、25件増の47件どまり 採算不透明、足踏み
https://mainichi.jp/articles/20180716/ddl/k26/040/208000c
民泊新法の施行により、「民泊」が解禁されてから1カ月が経過。法施行前には無届けの「違法民泊」が府内に3000件以上あったとされるが、現在の京都市内の受理は47件で、先月15日のスタートから25件増にとどまる。

iPhoneやiPadのpodcastアプリに登録すれば、定期的に聞いていただく事が出来ます。ぜひご登録ください。
https://itunes.apple.com/jp/podcast/上村崇の週刊京都チャンネル/id1318720843

番組公式facebookページでは、みなさまのご感想やご質問などを受け付けております。
https://www.facebook.com/kyotochannel

  • 日付 : 2018/07/18
  • 記事 : 【上村崇の週刊京都チャンネル】2018/7/18放送分 iPS細胞から血小板製剤を大量に作れるってどう言うこと?!京都の民泊が夜明けを迎えられないワケとは?!

【上村崇の週刊京都チャンネル】2018/7/11放送分 京都も夏本番!祇園祭を巡るあれこれ!長刀鉾の長刀には、深い歴史が刻まれてる?!京都の観光満足度、高いの?!

【今週の放送内容】
〈ピックアップニュース〉
1、タクシー精算、スマホで 小売業界、広がるキャッシュレス
http://www.kyoto-np.co.jp/economy/article/20180707000137
タクシー業界や小売業界でキャッシュレス決済広がる?高速タクシーは、スマートフォンのQRコード読み取り機能でタクシー料金を決済できるサービスを開始。京都信用金庫は、地元商店を対象に中国の電子決済の導入を支援。今後も普及が進みそう。
2、三洋化成、新型リチウムイオン電池製品化へ 高容量「全樹脂型」
http://www.kyoto-np.co.jp/economy/article/20180705000031
三洋化成工業は2020年度をめどに、開発中の新型リチウムイオン電池を製品化。新しい製造法を用いて機能性を高めた「全樹脂型」の製品で、大規模蓄電池などの幅広い用途での展開を目指す。10年後には電池事業の売り上げ規模を1千億円程度に育てる考え。3、昨年府内観光消費 最高1兆1884億円も混雑嫌?客数は54万人減
https://www.yomiuri.co.jp/local/kyoto/news/20180704-OYTNT50171.html
京都府は、2017年の府内観光消費額が1兆1884億円で、5年連続で過去最高を更新したと発表。観光客数は前年から約54万人少ない8687万人で2年連続の減少も、過去3番目の多さ。府は京都市以外の魅力の発信に力。
4、長刀鉾の長刀、戦乱で略奪 京都・祇園祭、銘に経緯
http://www.kyoto-np.co.jp/sightseeing/article/20180702000195
祇園祭の前祭(17日)の山鉾巡行で先陣を切る長刀鉾の2代目長刀に刻まれた銘から、その来歴や作者が分かったと京都国立博物館が発表。室町時代の「天文法華の乱」の混乱で略奪され、その後に手に入れた近江の刀鍛冶が八坂神社に奉納して戻ったという。
5、瞑想している脳、MRIで一部解明 心の状態、過去から自由に
http://www.kyoto-np.co.jp/environment/article/20180706000106
仏教に基づく瞑想を行う時に脳内で起こっている現象の一部を、MRIを使って解明したと、京都大のグループが発表。瞑想の方法によっては、自分の過去の記憶に伴う感情から自由になっていることが示唆されたと。

iPhoneやiPadのpodcastアプリに登録すれば、定期的に聞いていただく事が出来ます。ぜひご登録ください。
https://itunes.apple.com/jp/podcast/上村崇の週刊京都チャンネル/id1318720843

番組公式facebookページでは、みなさまのご感想やご質問などを受け付けております。
https://www.facebook.com/kyotochannel

  • 日付 : 2018/07/12
  • 記事 : 【上村崇の週刊京都チャンネル】2018/7/11放送分 京都も夏本番!祇園祭を巡るあれこれ!長刀鉾の長刀には、深い歴史が刻まれてる?!京都の観光満足度、高いの?!

【上村崇の週刊京都チャンネル】2018/7/4放送分 巨大メーカーが京都でなぜ育つ?!京都から海外へ、和牛が打って出る!そのワケとは!

【今週の放送内容】
〈ピックアップニュース〉
1、巨大メーカー、京都でなぜ育つ 背景と共通項探る
http://www.kyoto-np.co.jp/economy/article/20180617000041
売上高1兆円を超える大手上場メーカーが今春、京都に4社誕生。東京や大阪、名古屋ほどの大都市ではない京都で、なぜこれほどの巨大メーカーが次々に育つのか。背景と共通項は。
2、和牛、京都から海外へ 関西初、米とEUの輸出認定も
http://www.kyoto-np.co.jp/economy/article/20180616000071
和牛の輸出に向けた動きが京都で活発化。京都市は3月に食肉を解体する市中央食肉市場を建て替え、輸出向けの設備を強化。2020年度までに、審査が厳しいとされる欧米向けの輸出体制も整え、海外市場で販路を開拓する取り組みが広がる。
3、病気予防にビッグデータ…府など 医療・介護関連分析
http://www.yomiuri.co.jp/local/kyoto/news/20180628-OYTNT50199.html?from=ycont_top_txt
府は、保健所や市町村などが持つ医療・介護に関するビッグデータを分析して、病気の予防策などに活用する取り組みを始めた。特定の病気や疾患の地域ごとの傾向などを分析し、有効な対策づくりにつなげる狙いが。
4、宴会の食べ残し、声掛けで8割減も 京都市が居酒屋で実験
http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20180702000026
飲食店の宴会での食べ残しを減らすため、幹事に「残さずに食べよう」と声を掛けてもらう実験を行っている京都市はこのほど、昨年度の結果をまとめた。声掛けをしなかった場合と比べて食べ残し量が5分の1になり、16年度に引き続き大幅に減少することが分かった。
5、飲食店予約、支援サービス展開 京都市観光協とぐるなび
http://www.kyoto-np.co.jp/economy/article/20180701000038
海外から京都を訪れる観光客が増える中、観光団体や企業が、外国人による地元飲食店の予約や決済を支援するサービスを展開。インターネットや専門人材を活用し、多言語での案内や即時処理を可能にしているのが特徴。

iPhoneやiPadのpodcastアプリに登録すれば、定期的に聞いていただく事が出来ます。ぜひご登録ください。
https://itunes.apple.com/jp/podcast/上村崇の週刊京都チャンネル/id1318720843

番組公式facebookページでは、みなさまのご感想やご質問などを受け付けております。
https://www.facebook.com/kyotochannel

  • 日付 : 2018/07/04
  • 記事 : 【上村崇の週刊京都チャンネル】2018/7/4放送分 巨大メーカーが京都でなぜ育つ?!京都から海外へ、和牛が打って出る!そのワケとは!