東北地方太平洋沖地震の発生を受けて

この度の東北地方太平洋沖地震に被災された皆さまに、心からお見舞い申し上げます。現在、京都からも緊急消防援助隊や府警の広域緊急援助隊、DMATなどが被災地に向け出発しています。私の友人の実家も岩手県沿岸部にあります。非常に心配な状況ですが、今、私たちが出来ることを考えて、行動していきましょう。

私が信頼する京都の災害ボランティア指導者からのメッセージです。

●皆さん、現時点で現地に災害ボランティアに行くのはやめましょう。余震による津波や火災など二次被害の心配があります。
●今回の被害は広範囲で、私たちが以前から申し上げている「広域災害」です。今こそ既存のネットワークをフルに活用するのは勿論、今までとは違う地域の枠や官民の枠を超えた連携による総力戦が求められます。
●数日以内に支援に入れる地域、まだ当分救助活動中の地域と分かれます。災害ボランティア指導者は現在活発に情報交換と分析に努めています。
●今後の各地の災害ボランティアセンター、災害ボランティア支援センター等の最新情報を充分に収集して行動して下さい。
●今のテレビを見て足りないと言われている物資を安易に現地に送るのはやめましょう。
●何かしたいができない。せめて物資でも、と思われる方は、まずは物資ではなく、日本赤十字社などの義援金(被災された方へ後日直接配分)。あるいは災害ボランティアセンターや地域ファンドが行う災害ボランティア支援基金などに寄付をお願いします。
●ことに、例えば自宅で不要な古着を送ったりするのはやめましょう。中越地震レベルでひとつの市で体育館いっぱいになりました。それを仕分ける為のボランティアが何千名も必要になりました。

京都府には官民共同の常設型の災害ボランティアセンターがあります。様々な情報が更新されますので、皆さん、是非ご覧下さい。

  • 日付 : 2011/03/12
  • 記事 : 東北地方太平洋沖地震の発生を受けて