仕分け人デビュー

8月29日、門真市で行われた事業仕分けに仕分け人として行ってきました。私としては、京都府議会のわが会派で行って以来の仕分け人。それより何より、そもそも他の自治体で仕分けをすること自体初めてですので、ドキドキのデビュー戦でした。
内容も、「無料法律相談」や「ふれあい巡回バス事業」、「シャトルバス事業」と言ったものから、「青少年活動センター運営事業」など盛りだくさんでした。
今回の事業仕分けの大きなポイントは、門真市の公募で選ばれた市民22人が、仕分け人と行政側とのやり取りを聞いた上で仕分けするという市民判定人方式を採用したことです。だからといって私たちが判定しないわけではなく、市民の判定に影響が出ないように市民が判定を判定用紙に書き込み、回収されてから判定するという手法でした。
淡々と進む事業あり、私も熱くなって議論した事業ありで、今後の議会活動にも参考になるものでした。9月以降も全国各自治体で事業仕分けが実施されますので、日程の都合がつけば是非次も参加したいところです。

  • 日付 : 2010/09/01
  • 記事 : 仕分け人デビュー