山田知事の登庁式

4月11日に三選を果たされた山田知事の登庁式が府内の首長をはじめ、大勢の議員、何より多数の府職員が集まる中、行われました。山田知事自ら考えたあいさつをされるので、今後の府政運営や地方分権への取り組みの考え方が盛り込まれるであろうと思い出席しました。

考え方の基本は3つ。
①挑戦しなければ前進なし。立ち止まることは後退すること。
②立ち止まる暇はない。施策を途切れることなく進める。
③現地現場の徹底。国に対しても現地現場が地域主権の根本であり、府民の思いをもって対応する。
これがこれからの府政運営の基本になると思います。もっと挑戦的な言葉が出るかと若干期待しましたが、それはまた別の場に譲られるのではないでしょうか。なにはともあれ、今後は二元代表制の府議会がしっかりと対応していくことが問われると気を引き締めています。

  • 日付 : 2010/04/16
  • 記事 : 山田知事の登庁式

知事選を終えて

京都府知事選挙が昨日終わりました。

政党の推薦を受けないという現職の山田知事の意向により、私たち民主党としても推薦という方法ではなく、それぞれの議員が自らの判断で支援する議員ネットワークに参画し、その下で支援していくという若干分かりにくいかたちとなりました。

結果としては、投票率が前回よりも上昇し、山田知事も見事に3選を果たされました。

私としてはこの選挙戦で知事が掲げられた175項目のマニフェストに対して、二元代表の一翼を担う議会としても真摯に向き合い、府議会の場で活発に議論されることを願っています。また私としても、その議論に積極的に参加していきたいと思います。

何より、山田知事当選に向けてご努力いただいた皆さま、本当にお疲れさまでした。ですが、厳しい時代が続きます。京都の明日をより良いものにするために全力で頑張っていきましょう。

  • 日付 : 2010/04/12
  • 記事 : 知事選を終えて