防災・防犯情報メール配信への登録を

京都府では、気象情報(注意報、警報等の気象情報)や防災情報(防災啓発情報や災害時におけるお知らせ情報等)、防犯・犯罪情報(防犯のための啓発情報や犯罪の発生情報等)を防災・防犯情報メールとして、登録いただいた府民の皆さんの携帯電話に配信しています。

現在では、2万人を超える府民の皆さんにご登録いただいています。今後もより多くの府民の皆さんにご登録いただいて、よりよい運用が図られるよう取り組んで参ります。

まずは、携帯電話から、下記のアドレスへ空メールを送信して、あとは送られてくるメールに従って登録してください。

anzen@k-anshin.pref.kyoto.jp

  • 日付 : 2006/12/30
  • 記事 : 防災・防犯情報メール配信への登録を

携帯電話から#8000番が利用開始に

電話で#8000番を押すと小児科医につながり、小児救急に関わる相談が出来る事業が全国的にも展開されています。

京都府においては、平成16年12月府議会定例会において私の小児救急医療にかかる電話相談事業の実施体制についての質問を通じて、平成17年1月から実施が図られたこの事業も、当初は固定電話からしか利用できませんでした。

小児救急医療体制の強化の中で、新たに携帯電話からも#8000番で相談できるようになりました。すでに平成18年12月から開始されており、京都府内に住む15歳未満の子ども及びその家族等を対象に、午後7時から午後11時まで(土曜日は午後3時から午後11時まで)の間、医療機関の小児科医等が助言を行います。

  • 日付 : 2006/12/29
  • 記事 : 携帯電話から#8000番が利用開始に

予算編成過程を京都府HPで公開

開かれた府政推進を掲げて、2期目の当選を果たされた山田知事のマニフェストには予算編成過程を公開し、行政プロセスを透明化するとあります。

私自身も、この4年間を通じて、府民との情報共有が大きな活動のテーマでしたので、今までから積極的に発言してきました。例えば、12月定例府議会の総務委員会での質疑でも、

Q 電算システムを導入することによって、予算編成過程の公開を行いやすい状況になったと考えるが、これについてはどのように検討されているのか

A 公開する方向で検討をしている。ただ、予算編成に関しては膨大な情報量となっているので、どういった形での公開がいいのか検討をしている。

というようなやりとりを行っています。

結果としては、京都府のHPで各部局の予算要求段階から公開されています。今後は、予算査定の中で、何が削られて、何が優先されたのかといった内容がわかります。是非、ご覧ください。

  • 日付 : 2006/12/26
  • 記事 : 予算編成過程を京都府HPで公開

久村市長の勇退にあたって

京田辺市の久村市長が今期(3期目)での勇退を表明されました。

私としては、市会議員として1期、府会議員として1期と久村市政3期のうち2期を一緒に京田辺市を住みよい市にするために頑張らせていただいた。

特に、市会議員の時など、右も左もわからない若造を色々と叱咤激励していただき、育てていただいた存在でした。

私としてはまだまだやれるのではないかと考えていましたが、ご本人の決意も固く、その思いは何にも増して大切にしなければならないと思っています。

そして、このあと引き継いで市政を担われる方がどなたになるのかわかりませんが、今まで以上に、府政と京田辺市政をつなぐパイプ役として、これからの京田辺市の発展に向けて府会議員として頑張っていきたいと思っています。

まずは、久村市長におかれては、残された任期を心残りなく全うしていただきたいと思います。お疲れ様は、そのあとでということですね。

  • 日付 : 2006/12/12
  • 記事 : 久村市長の勇退にあたって

京都府議会12月定例会で一般質問に登壇

京都府議会12月定例会が12月1日より開会しております。

今回は、一般質問に登壇する予定で、私が質問するのは8日になる予定です。

内容は、①アセットマネジメントについて、②災害対策本部機能の独立スペース確保について、③情報モラル指導のあり方についての3点を質問する予定です。

代表質問のようにTV中継があるわけではありませんが、京都府議会のインターネット中継がありますので、お時間がある方は是非ご覧ください。

  • 日付 : 2006/12/06
  • 記事 : 京都府議会12月定例会で一般質問に登壇